伝統的な織物を用いた日用小物をカスタムオーダーで

SUKIYA Online Store

The Story Behind HAKATA-ORI

伝統的な織物の背景にあるストーリー

博多織

HAKATA-ORI Textile

​博多織織元 井上絹織株式会社での製織風景
​博多織織元 井上絹織株式会社での製織風景

#01

東アジアの人々の二千年におよぶ思索が形として残っている博多織

#01

東アジアの人々の二千年におよぶ思索が形として残っている博多織

#01

東アジアの人々の二千年におよぶ思索が形として残っている博多織

博多織は今から700年以上前(鎌倉時代)に博多の町人満田彌三右衛門が
中国(宋)への留学から持ち帰ったのが起源と言われています。
当時の中国は、インドから渡ってきた仏教と、
中国発祥の老荘思想や儒教との化学反応が進み、
禅宗に象徴されるような高度な精神文化が醸成された時期でした。
そのような時代に中国から渡ってきた博多織を象徴するのが「献上柄」です。
仏教(密教)法具をモチーフにした図柄と、
儒教的な意味を持つ縞模様が同居している献上柄は、
東アジアで長い時間をかけて醸成された思想が
形(絵柄)として残っている貴重な織物です。
そして大陸との玄関口に位置した博多ならではのものだと言えます。
ちなみに「献上柄」という呼び名は江戸時代に当時の福岡藩主(黒田藩)が
幕府への献上品として博多織を用いていたために名付けられたものです。
博多織は今から700年以上前(鎌倉時代)に博多の町人満田彌三右衛門が中国(宋)への留学から持ち帰ったのが起源と言われています。

当時の中国は、インドから渡ってきた仏教と、中国発祥の老荘思想や儒教との化学反応が進み、禅宗に象徴されるような高度な精神文化が醸成された時期でした。

そのような時代に中国から渡ってきた博多織を象徴するのが「献上柄」です。

仏教(密教)法具をモチーフにした図柄と、儒教的な意味を持つ縞模様が同居している献上柄は、東アジアで長い時間をかけて醸成された思想が形(絵柄)として残っている貴重な織物です。

そして大陸との玄関口に位置した博多ならではのものだと言えます。

ちなみに「献上柄」という呼び名は江戸時代に当時の福岡藩主(黒田藩)が幕府への献上品として博多織を用いていたために名付けられたものです。

【献上柄】

      縞   華皿   縞    独鈷      縞     華皿  縞

【独鈷(とっこ・どっこ)】密教法具の一つ。煩悩を打ち払う意味を持つ。

【華皿(はなざら)】仏様や菩薩を供養する「散華」に用いる花や葉を入れる皿。
悪を払い、場を清める意味をもつ。

【縞(しま)】 太線が親、細線が子を表し、親が子を守り、子が親を敬う姿を表す。

#02

絹で織りなされた博多織の生地の特長

主に絹で織りなされた博多織の生地は、高密度のたて糸に太いよこ糸を打ち込み、
堅牢な地合いと美しい光沢が同居していることが特長です。
また絵柄を主に縦糸で織り出すのが同じ絹織物の京都西陣織と異なる点です。